コンサルタントブログ

COLUMN

ホーム

コンサルティング業務のバリューチェーン

経営企画室の長谷川です。今日のブログのテーマは「当社のバリューチェーン」です。

バリューチェーンというと仰々しいのですが、

当社の業務の基本の流れは「創る→作る→届ける」です。

それは今でも変わりません。

  • 1創る=新しいものを産み出す。ノウハウの構築などもこれに該当します。
  • 2作る=日々の業務においてアウトプットを作成する。
  • 3届ける=会議等を通じてアウトプットを顧客に届ける。

 

そして、「創る→作る→届ける」人を育成するのが「育てる」、「創る→作る→届ける」からお金を生み出すのが「売る」です。

合体させると下の絵のようにになります。

36513_4881169262727_633744262_n

5つのプロセスにどのようにリソースを配分するのかが重要でした。

2年前に感じていた問題は、「作る」「届ける」にリソースが集中し過ぎていることでした。(そうならざるを得なかったのだと思いますが)

今は少し違うかもしれません。営業体制や育成システムが少しずつ整備されました。ところが「創る」の部分には未だ課題があるかもしれません。

リソース配分のバランスが2年前に比べると適正になってきたわけですが、今一度、効果や効率を考える必要があるかもしれません。なぜなら、コンサルティングの仕事は、5つのプロセスが渾然一体になっていることが多く、そのことが、それぞれの目的を達成する妨げになっているからです。

大事なのは5つのプロセスの目的を意識した上で、メリハリをつけた活動を生み出すこと。その上で5つのプロセスを有機的に繋げることです。
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ