コンサルタントブログ

COLUMN

ホーム

オバマ大統領のスピーチ

こんにちは。コンサルタントの山手です。
私は広島出身なのでオバマ大統領のスピーチについて感じたことを書いてみたいと思います。
 
政治的なことを書こうとは考えていません。
小さなセキュリティ会社のささやかなウェブサイトに載せるには似つかわしくないからです。
 
オバマ大統領のスピーチはとても平易な言葉で語られていました。
ところがその内容はとても複雑で難しい。
 
スピーチをするオバマ大統領の近くには、「核のフットボール」と呼ばれるブリーフケースが配備されていたそうです。
その中には核攻撃を実行するための暗号通信装置と暗号コードが入っています。
世界から核をなくそうと呼びかけているオバマ大統領が広島に「核のフットボール」を持ち込んでいるのです。
 
また、71年前に広島と長崎に原爆を投下したアメリカ合衆国の現リーダーは、原始時代に始まる人間の闘争の歴史、戦争の歴史について語っています。広島、長崎に対して謝罪するわけではなく、戦争という宿命とその悲劇について、淡々と語っていました。責任逃れなのでしょうか。
 
とても分かりにくかったのですが、だからこそ素晴らしいスピーチだと感じました(勿論賛否はあると思いますが)。
戦争のことや、核のことが分かりやすいはずがない。無理に分かりやすくしようとするからおかしくなるのだと思います。
 
日本の政治家やマスコミは物事を無理に分かりやすく伝えようとして、国民をおかしな方向に導いているのかもしれません。
一部の人は物事を分かりやすく理解しようとし過ぎて、不毛な煽動活動をおこなったり、無関心を装っているのかもしれません。
 
核や戦争ほど複雑で難しくはないのですが、セキュリティも複雑で難しいテーマです。
コンサルタントとして仕事をしている人なら誰しも、物事を単純に分かりやすくしたいという誘惑に駆られます。
経験を積む中で「嘘も方便」という覚悟を決められた人もいるかもしれません。
でも分かりやすくすればするほど、その中には嘘が紛れ込んでしまいます。
わたしたちは分かりにくくても良いから、物事を複雑なまま伝える誠実さを持ち続けたいと思いました。

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ