ビジョン

VISION

経営理念

セキュリティに向き合い
マネジメントシステムを刷新する

当社のビジョンとは

Pマーク(プライバシーマーク)、ISMS(ISO27001)の
コンサルティング会社が数ある中で、
私たちは少し特異な存在として知られています。
業界の中の競争は「早い、安い」がキーワードになっています。
私たちは「早い、安い」の競争からは距離を置いた存在であり、
認証取得そのものをゴールとしない認証コンサル会社です。

私たちは、「早い、安い」という価値観を否定するものではありません。
しかし、「早い、安い」が業界の唯一の競争原理となりつつある今、
認証制度そのものが壊れていく危険性すら孕んでいると感じています。
Security Renovationというスローガンにはセキュリティに真摯に向き合い、
マネジメントシステムや認証制度を刷新するという思いが込められています。

「早い、安い」の、その先へ

「人財」に対する考え

当社は、業界の中で最も厳しい採用基準で採用をおこない、
育成に力を入れているコンサルティング会社です。
外部の委託コンサルタントに丸投げする競合も多い中、
コンサルタント全員が当社自ら採用した正社員です。
IT、法律関係、金融機関、マスコミ出身者、MBA取得者など、
様々なバックグラウンドを持った優秀なコンサルタントが、
お客様に向き合い、お客様の課題を解決するために最高のサポートを
おこないます。

人材に対する考え

専門性を持ったゼネラリスト集団

情報セキュリティコンサルタントのスキルセットは、
Legal、Technology、Managementの3つに分かれます。
企業のセキュリティ活動は法規制と不可分ですし、
技術的な知見がなければ企業のセキュリティ課題の解決はできません。
またこれらの活動を有機的につなげるための組織作りも必要となります。
全てのスキルセットを備えたコンサルタントは業界には皆無です。
当社は各分野のスペシャリストがチームを組むことで、
全体として顧客が抱える様々な課題の解決を実現することができます。
個のスペシャリストが補完しあうことにより、
全体を俯瞰するゼネラリストの視点を持ったファームとして機能しています。

イメージ図

マネジメントシステムの活性化に向けた取組み

当社は、情報セキュリティ・個人情報保護の専門ファームとして
1999年に設立されました。ISMS(ISO27001)、プライバシーマークの
コンサルティングを中心に、700社以上の支援実績を有します。
私たちは、企業のマネジメントシステムを如何にして活性化するか、
というテーマに創業以来取り組んできました。
「PDCA」は誰もが知っているフレームワークですが、
本当の意味でPDCAが回っている会社は極めて少ない状況です。
このように儀式化してしまったPDCAを活性化することが私たちの使命です。
そのためのエンジンになるのが、お客様の根本的な課題を検出し、
お客様と共有し、解決に導く、という当たり前のことを
繰り返しおこなう活動となります。

PDCAのイメージ図