情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

NIKKEI横浜スタイル横浜店、メールをTOで送りメルアド1116件が流出

不動産仲介のNIKKEI横浜スタイル(横浜市中区)は8月4日、横浜店において、顧客に新着不動産情報をメールで送る際、BCCで送るべきところをTOで送り、メールアドレスが他の顧客のメール内に表示されたと発表した。同社によると、7月31日に1116先へ当該メールを送り、うち304件が不達だった。二次被害は報告されていない。該当のメールアドレス宛てに1日、謝罪のメールを送信した。同社は、再発防止のため管理体制を見直し、従業員への個人情報保護教育を徹底するとしている。
・メール誤送信のご報告とお詫び[PDF](NIKKEI横浜スタイル横浜店)
http://www.yokohama-style.jp/news_release/owabi.pdf
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ