情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

Rafveryオフィシャルファンクラブ、メールマガジンをTOで送り会員のメルアド流出

ラップユニットRafveryのオフィシャルファンクラブ「team Rafvery」を運営するEMDI(新潟市中央区)は12月30日、会員にメールマガジンをTOで送り、35名分のメールアドレスが流出したと発表した。同社によると、12月15日、従業員のミスにより、35名分のメールアドレスをTOに設定してメールマガジンを送った。同社では直ちに謝罪のメールを送って当該メールの削除を依頼し、電話や書面による謝罪も行った。同社は今後、個人情報を含む重要なメールや複数宛先へのメール送信時の手順を見直し、全従業員に周知徹底するとともに、個人情報取り扱いについてのリスクの認識を全従業員に徹底し、必要かつ適切な措置を講じるとしている。
・個人情報流失のお詫びとご報告(EMDI)
http://rafvery.com/topics/details.php?id=145

一覧へ