情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

さいたま市、1名分の個人情報含む行政情報開示請求書紛失

さいたま市は2月13日、個人情報が記載された行政情報開示請求書1通を紛失したと発表した。市によると、紛失した開示請求書は2011年11月9日に浦和区情報公開コーナーへ提出されたもので、翌10日に担当課である産業展開推進課へ送付され、同日、同課で収受。2012年2月9日、行政透明推進課から情報開示請求が未処理であると同課へ連絡があったことから、紛失が判明した。同課の執務室内の捜索を続けているが、請求書は見つかっていない。請求書には、請求者の氏名、住所、電話番号等が含まれている。請求者には謝罪し、早急に行政情報公開について対応するという。情報が外部に流出した事実は確認されていない。市は今後、特に個人情報を含む書類等の授受、管理の徹底を図り、再発防止と市民の安心安全の確保に努めるという。
・行政情報開示請求書の紛失について(お詫び)[PDF](さいたま市)
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1329177575850/files/1.pdf

一覧へ