情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大丸エナウィン、顧客情報803件含む書類を一時紛失

LPガス販売などを行う大丸エナウィン(本社:大阪市住之江区)は1月17日、顧客情報803件を含む書類を一時紛失していたと発表した。同社によると、同社のお客様担当者が保安点検業務中に書類を紛失した。顧客情報が漏えいしていると2011年12月に匿名で情報提供があり、同社では調査を続けてきたが、この程、書類が拾得者から返却されたという。書類には、滋賀県彦根市在住の顧客803件の氏名、住所、郵便番号、電話番号、LPガス設備の状況などが含まれていた。同社では書類の紛失について警察と関係機関に届け出を行っており、指導に基づき処理を進めていくとしている。万が一、不正使用の事態が発生した場合は、警察等の協力により対処するという。顧客からの被害報告や不正使用などの事実は確認されていない。同社は再発防止のため、従業員への教育と、社内管理体制の徹底に取り組むとしている。
・お客様情報の紛失に関するお詫びとお知らせ[PDF](大丸エナウィン)
http://www.gas-daimaru.co.jp/news/tmp/6d2f5f685268357c65fcc195fd422ba0.pdf

一覧へ