情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

JAXA、職員の端末が新種ウイルスに感染、内部情報が外部に送信される

宇宙航空研究開発機構(JAXA、本社:東京都調布市)は1月13日、職員の端末1台がコンピューターウイルスに感染し、当該端末内の情報および当該職員がアクセス可能なシステムに関する情報が外部に漏えいしていたことが1月6日に判明したと発表した。JAXAによると、漏えいした情報の中には、端末に保存されていたメールアドレスや、宇宙ステーションへの物資補給機に関する情報、当該端末からアクセスしたシステムへのログイン情報などが含まれている。当該端末の異常が検出されたのは昨年8月11日で、ネットワークから切り離して調査したところ、同17日にウイルス感染が確認された。ウイルスは駆除したが異常が継続したため調査を続けた結果、新種ウイルスによる情報収集がなされていたこと、昨年7月6日から8月11日の間に、何らかの情報が外部に送信されていたことが今年1月6日に判明した。JAXAは、個人情報の漏えいが確認された場合には、当事者に連絡し対応を協議するとしている。JAXAは今後、再発防止に向け情報セキュリティの強化に取り組む。
・JAXAにおけるコンピュータウイルス感染の発生について(宇宙航空研究開発機構)
http://www.jaxa.jp/press/2012/01/20120113_security_j.html

一覧へ