情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ハウス・デポ・パートナーズ、顧客1名の個人情報含む書類を紛失

住宅ローンを扱うハウス・デポ・パートナーズ(東京都中央区)は1月11日、顧客情報が記載された書類を紛失したと発表した。同社によると、2011年11月29日に顧客から、口座振替に関する変更手続きを依頼したが変更が行われていないとの連絡があり、調査を実施した。その結果、口座名義の変更手続き依頼書を受領したが、変更処理が行われておらず、かつ、提出された書類を紛失していることが判明した。紛失したのは預金口座の振替依頼書と戸籍抄本で、顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、本籍、生年月日などの情報が記載されている。同社は、他の書類を廃棄する際にこれらの書類が混入し、誤廃棄した可能性が高いとみており、顧客情報が外部へ流出した懸念は低いとしている。該当の顧客にはすでに書面で事情を説明し謝罪した。同社は、全職員に注意喚起を行うとともに、点検活動等を通じて再発防止に努めるとしている。
・お客様の個人情報が記載された書類の紛失について[PDF](ハウス・デポ・パートナーズ)
http://www.housedepot-p.co.jp/files/hd-20120113_apology.pdf

一覧へ