情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京都台東区、イベント案内メール誤送信で登録者104名のメルアド等流出

東京都台東区は1月11日、区立環境ふれあい館で登録者にイベント案内をメール送信する際に、宛先指定を誤り、他の登録者の個人情報が流出したと発表した。発表によると、4日に同館で実施予定の事業案内を「きっずインタープリター」の登録者にメール送信する際、登録者104人の氏名とメールアドレスを他の登録者に表示する形で送信してしまった。7日に登録者から指摘があり、誤送信が判明した。区は8日に該当者にお詫びと当該電子メールの削除を依頼した。区は今後、再発防止に向け、メール送信時には複数の職員で確認することとし、担当職員への再研修の実施及び指導管理を強化する。
・メールアドレスの誤送信について(東京都台東区)
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kankyo/himawari/mailgosousinnnituite.html

一覧へ