情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

浦和レッドダイヤモンズ、メール誤送信でショップ会員39名のメルアド流出

プロサッカークラブの浦和レッドダイヤモンズ(さいたま市緑区)は12月27日、オフィシャルショップ「レッドボルテージ」のポイントカード会員のうち、メール情報を希望した39名に「レッドボルテージ年末年始休業及び2012シーズンチケット」に関する案内メールを送った際、誤ってすべてのメールアドレスが宛先欄に表示される状態で送信したと発表した。同クラブによると、メールを送ったのは12月25日午後3時25分頃。対象の顧客には、同日中に電子メールで、その後に電話で事実関係を報告し謝罪して、当該メールの削除を依頼した。同クラブでは今後、個人情報の取り扱いに細心の注意を払うとともに、クラブスタッフへの個人情報保護の教育に努めるという。

・メール誤送信に関するお詫びとお知らせ(浦和レッドダイヤモンズ)

http://www.urawa-reds.co.jp/clubinfo/%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%aa%a4%e9%80%81%e4%bf%a1%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%8a%e8%a9%ab%e3%8

一覧へ