情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

groovers 827名分のメールアドレス流出

音楽配信サイトを提供するgrooversは3月14日、登録者のメールアドレス827名分が流出したことを報告した。

2016年3月14日13:00頃メールマカジン「grooversメルマガ」をメルマガ登録者に配信する際に、本来「Bcc」で送信するべきものを「Cc」で送信したことにより送信先メールアドレス827名分が受信した登録者に見える形になってしまったとしている。更にその直後に取り消し処置をおこなった結果、再度「取り消し通知メール」がCcの形で配信され、2度に渡ってメールアドレスが配信されてしまった。

配信数は少なかったが、BccをCcにしてしまうというメルマガ配信時に発生する人的ミスによる事故となっている。近年では手動でのメルマガ配信は減少し、メルマガ配信エンジンやメルマガ配信用サービスなどを利用するケースが多いため発生頻度は減少している中での事故となっている。

同サイトではサイト上で利用できるクーポンを付与した上で謝罪のメールを送信し、再発防止策に務めるとしている。

【お詫び】  メールマガジン登録者様のメールアドレス流出に関するご報告とお詫び

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ