情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

小樽市、本人確認不徹底によりマイナンバー誤配達

小樽市の小樽郵便局の配達員がマイナンバー制度通知カードの簡易書留1通を、隣の家に配達していたことが9日に判明した。
日本郵便北海道支社によると、2世帯が同居するする小樽市内の家に簡易書留2通を配達するため訪問した。
不在だったため不在連絡票を残し隣家の配達に向かい、隣家も不在だったため連絡票を残したところ、最初に連絡票を入れた家から住民が出てきたため、
書留を手渡したが、2通のうち1通は隣家に渡すべき書留だったという。
日本郵便北海道支社によると2015 年11月7日に、不在配達通知を持参した受取人が小樽郵便局に来局した際に当該郵便物が無かったことから調査を行ったところ、
誤配達が判明したとしている。
マイナンバーの誤配達はこれまでに30件以上とされており、総務省は9日日本郵便に対し厳重注意の行政指導をおこなっている。
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2015/01_hokkaido/1109_01_01.pdf

 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ