情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

カモ井加工紙、オンラインショップで別人の氏名やメールアドレス誤表示

カモ井加工紙(本社:岡山県倉敷市)は10月8日、同社が運営する『マスキングテープ「mt」オンラインショップ』で実施した「ファンサイトリニューアル記念限定テープフェア」について、会員がサイトにアクセスした際に別人の氏名やメールアドレスが表示されていたと発表した。同社によると、現象が確認されたのは10月6日午前10時30分頃。フェア開催にあたり、8月26日に新サーバーへの移管を行うとともに、サーバー負荷を軽減するために商品一覧ページと商品詳細ページをサーバー上に一時記憶して表示させるようにしたが、一時記憶生成プログラム設計上の不具合により、他の顧客名で生成された一時記憶データが表示される状態となった。誤表示された可能性があるのは、氏名については8月26日午前9時以降にログインした人、メールアドレスについては同期間にログインしてメールアドレスをパソコンに記憶する機能を利用していた人。同日、サイトを一時閉店し、プログラムを改修したという。同社は、社内外の関係者に対し情報管理体制の徹底を図っていくとしている。
・弊社オンラインショップでのお客様情報誤表示に関するお知らせとお詫び(カモ井加工紙)
http://www.masking-tape.jp/news/2015/10/post.html

 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ