情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

千葉県立高校、全校生徒の個人情報が入ったUSBメモリ紛失

千葉県立松戸南高校(千葉県松戸市)は10月1日、全校生徒の個人情報が入ったUSBメモリを紛失したと発表した。10月2日付の千葉日報によると、メモリには全校生徒893名の氏名と履修状況などが保存されている。男性教諭が9月25日、飲食店で飲食した後帰宅したが、翌朝になってメモリなどが入った鞄を紛失していることに気付いた。同校では今後、私物USBメモリの使用を禁止するなど管理既定を強化するという。
・千葉県教育委員会
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/index.html

 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ