情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京都杉並区立保育園、在園児や職員の情報含む書類盗難

東京都杉並区は9月10日、区立阿佐谷東保育園の職員が、園児12名や職員の情報が含まれる書類を盗まれたと発表した。区によると、職員は9月9日午後7時頃、帰宅途中に立ち寄ったスーパーの駐輪場で、目の前で財布を落とした人の小銭を拾うのを手伝っている間に、自転車の前かごに入れていた鞄を盗まれた。鞄には、在園児12名の氏名、生年月日、保育園での様子などを記載した指導計画書と、職員名と電話番号などを含む職員非常呼集連絡網が入っていた。職員は直ちに警察に通報し、スーパーマーケットにも届け出たが、鞄と書類は見つかっていない。保護者には謝罪の文書を配布した。区では園長の許可を得た場合などを除き、原則として個人情報を保育園外に持ち出すことを禁じている。区は、公立園園長に対し再発防止に向けて注意を促し、職員に周知徹底を図るよう指示したという。
・個人情報の紛失について[PDF](東京都杉並区)
https://www2.city.suginami.tokyo.jp/library/file/270910kojinnjyouhouhunnsituasagayahigasihoikuenn.pdf

 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ