情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

西大阪治水事務所、81名分の個人情報含む緊急時連絡体制表など紛失

大阪府は9月14日、西大阪治水事務所(大阪市西区)の職員が、緊急時連絡体制表など、個人情報が記載された書類を紛失したと発表した。府によると、職員が9月11日、帰宅途中に紛失した。紛失した書類には水防時の連絡体制などが記載されており、契約業者の担当者14名、大阪市職員2名、府職員65名の氏名と電話番号が含まれている。当該職員は11日、飲食店に立ち寄った後に帰宅。12日に紛失に気づき、帰宅経路を探したが発見できず、13日、堺警察署に遺失届を提出した。該当する契約業者と大阪市職員には電話で事情を説明して謝罪した。府は、緊急時の対応に必要となる情報については、個人情報が記載された書類を持ち歩かないなどの対応を検討するとともに、個人情報の取扱いについて注意喚起を行うとしている。
・個人情報が記載された書類の紛失について(大阪府)
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=21916

 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ