情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

栃木県、ふるさと旅行券Web申込者のメルアド1995件を誤表示

栃木県は、ふるさと旅行券の第2期Web申込みにおいて、一部応募者のメールアドレスが他の応募者の入力画面に誤って表示されたと発表した。

県によると、9月1日午前10時にWeb申込みの受付を開始したが、同11時20分、返信された応募フォームに見覚えのないメールアドレスが表示されていると応募者から連絡があった。事務局では直ちにシステムを一時停止し、改修後の11時27分に応募の受付を再開した。アクセスが集中したことにより誤送信が発生したもので、閲覧可能となった可能性のある個人メールアドレスは1995件。該当者には謝罪のメールを送信し、再応募を依頼した。
・「ふるさと旅行券」WEB申込みにおける個人メールアドレスの一部誤送信について(栃木県)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/f05/shinko/documents/hurusatot.html
・「ふるさと旅行券」WEB申込みにおける個人メールアドレス 一部誤送信への対応について(栃木県)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/f05/shinko/20150902ryokoken-saioubo.html
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ