情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

サークルKサンクス、福井県内2店舗分の料金収納払込控え50件盗難

コンビニエンスストア運営のサークルKサンクス(本部:東京都中央区)は8月28日、福井県内の2店舗で扱った料金収納の払込票(本部控え分)50件が、店舗からの回収中に盗まれたと発表した。同社によると、サークルK敦賀清水町店と同敦賀駅前店で8月24日に受け付けた払込票の控えを、同社配送車両のドライバーが8月25日に回収。その後、別の店舗で集荷中だった午後2時32分から42分の間に盗まれた。同票には、種類により氏名のみ、または氏名と住所が記載されている。関係者で回収ルートや近隣店舗を捜索したが発見できず、同日午後7時頃、所轄警察署に被害届を提出した。対象の顧客には謝罪と報告を行う。情報が悪用されたという報告はない。経済産業省と日本フランチャイズチェーン協会に報告書を提出済み。同社は、再発防止に向けて収納代行業務における払込票の取り扱いと管理を点検し、適正管理を徹底していくとしている。
・料金収納の払込票(本部控え)盗難についてのお詫びとご報告[PDF](サークルKサンクス)
http://www.circleksunkus.jp/file.jsp?id=30986
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ