情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ナッシュスタジオ、不正アクセスで会員情報2万753件流出のおそれ

音楽素材販売のナッシュスタジオ(大阪市北区)は7月27日、同社が運営する「Nash Music Library / FREE USE MUSIC Webサイト」が不正アクセスを受け、顧客情報データベースに保存されていた会員情報2万753件が流出した可能性があると発表した。同社によると、7月9日に第三者機関から指摘を受けて調査を行ったところ、会員情報の一部が流出していることが判明した。流出の可能性があるのは会員の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、ID/パスワード、口座情報。対象の顧客にはメールで連絡している。同社ではWebサイトの利用を一時停止する措置を取り、プログラム修正後に再開した。警察と監督官庁の経済産業省に報告済み。顧客から二次被害発生の報告は受けていない。同社は、実効性のある再発防止策の策定に向けて、流出した個人情報を特定するための調査を引き続き実施していくとしている。
・不正アクセスによる会員情報の流出に関するお知らせとお詫び[PDF](ナッシュスタジオ)
http://www.nash.jp/fum/help_faq/pdf/incident20150727.pdf
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ