情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

秋田大、教員のメールアカウントが乗っ取られ個人情報1116名分流出

秋田大学(秋田県秋田市)は7月24日、国際資源学部の男性教員の公用メールアカウントが乗っ取られ、1116名分の個人情報が流出したと発表した。報道によるとこの件で、メールに含まれていた学生374名、教職員273名、学外関係者469名の氏名ならびに、学生55名の学籍番号とテストの点数を含むファイルが流出した。同ファイルにはパスワードがかけられている。メールアカウントのパスワードが不正に取得されて乗っ取られたとみられ、ロシア経由の不正アクセスが確認されたという。パスワードが取得された原因は調査中。教員が7月16日、送った覚えのないメールの不達通知が大量に届いたため、同大学の情報管理担当に連絡し、事態が判明した。当該教員のメールアドレスから不正なメールが6万通以上送信されたことも分かっている。
・秋田大学
http://www.akita-u.ac.jp/honbu/
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ