情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

岡山放送、不正アクセスでメールアドレスと電話番号126件が流出

岡山放送(本社:岡山市北区)は7月15日、Webサイトがサイバー攻撃を受け、Web上のデータが一部流出したと発表した。同社によると、7月3日、サイトがハッカー集団からのものと思われるサイバー攻撃を受けているとの連絡が外部機関からあり、調査を行ったところ、事態が判明した。流出したデータの中には、視聴者のものと思われるメールアドレスと電話番号126件も含まれていた。個人名と住所等については特定されていないという。該当のメールアドレスと電話番号の保持者には事態を報告し、注意を呼びかけている。同社は、今後セキュリティ対策と情報管理に努めていくとしている。
・OHKのWebサイトへのサイバー攻撃について[PDF](岡山放送)
http://www.ohk.co.jp/press/file/20150715180807.pdf

一覧へ