情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

名城大学、不正アクセスで情報流出

名城大学(本部:名古屋市天白区)は7月15日、大学が管理する一部のWebサーバーが不正アクセスを受け、情報が流出したと発表した。同大学によると7月13日、JPCERTコーディネーションセンターから、同大学が管理するWebサーバーが外部から攻撃を受け、情報が漏えいした可能性があるとの情報提供があった。該当するWebサーバーの運用を直ちに停止し、調査を行ったところ、不正アクセスがあったことが確認されたという。事態の詳細については引き続き調査を進めており、その結果を踏まえ、再発防止の徹底に努めていくという。
・本学ウェブサーバへの不正アクセスについて(名城大学)
http://www.meijo-u.ac.jp/news/detail.html?id=vrxs5c

一覧へ