情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

学研、高校生対象のe-ラーニングサイトが不正アクセスを受け、個人情報漏えい

出版社の学研ホールディングス(東京都品川区)は7月13日、学研グループが運営するWebサーバーの一部が不正アクセスを受け、個人情報が漏えいしたと発表した。発表によると、7月8日午後2時10分ごろに第三者調査機関より連絡を受けて調査したところ不正アクセスの痕跡があったため、10日午後3時7分までに当該サイトのサービスを停止した。調査の結果、学研教育出版が提供する高校生対象のe-ラーニング教材「マイガク」サービス利用者のうち、2012年4月9日から2015年4月27日までに登録した、2万2108人の個人情報が流出した可能性があることがわかった。流出した情報内容は、学校・塾名・カタカナ氏名・メールアドレスなどで、登録内容によって異なる。該当者のうち、2万2070人にはメールアドレスの情報は含まれていない。また、流出情報の中に、個人の住所、電話番号、成績などの情報は含まれていない。同社は該当する学校、塾等に連絡をするとともに、電話で問い合わせに応じる「お客様窓口」を設置した。今後は原因究明と、再発防止対策を強化していくとしている。
・不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び[PDF](学研ホールディングス)
http://ghd.gakken.co.jp/news/info/ghd_release20150713.pdf

一覧へ