情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

九州大学、学生183名分の住所届紛失

九州大学(本部:福岡市西区)は6月19日、同大学理学部等事務部(箱崎キャンパス、同市東区)から学務部(伊都キャンパス、同市西区)宛に学内便で発送した、理学部大学院生と理学部学生、計183名分の住所届が所在不明となったと発表した。同大学によると、事態が判明したのは5月29日。住所届を発送したのは4月6日だった。住所届には、学生の氏名、学生番号、性別、生年月日、本籍地、現住所、電話番号、メールアドレスおよび、保護者の氏名、住所、電話番号、勤務先等が記載されている。対象の学生と保護者には、事態報告と謝罪の文書を送付した。個人情報の転載や流用の事実は確認されていな。い。同大学は、職員等に対して個人情報保護の重要性を徹底し、再発防止に努めていくとしている。
・学生の「住所届」の紛失について(九州大学)
http://www.kyushu-u.ac.jp/notice/index_read.php?kind=&S_Category=N&S_Page=Main&S_View=&word=&page=1&B_Code=6788

一覧へ