情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

茨城県つくば市、メールをCC送信し103名の氏名やメールアドレス流出

茨城県つくば市は6月18日、農業サポーター103名にCCでメールを送り、全員の氏名とメールアドレスが流出したと発表した。発表によると、農業課の職員が6月4日午後3時24分、BCCで送るべきメールをCCで送り、メールアドレス96件と氏名103件が送信先の全員に見える状態となった。同5時5分に送信した職員自身が気付き、謝罪のメールを送って当該メールの削除を依頼。担当課では謝罪メールを送ったことで対応が済んだと思い、上司へ相談しなかったため、今回、事態の発表が遅れたという。被害の報告は入っていない。同課では改めて関係者に謝罪し、事情説明を行うとともに、誤送信に至った状況を検証して再発防止に向けた対応を徹底するとしている。
・つくば市農業サポーターに対してのメール誤送信について[PDF](つくば市)
https://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/018/429/No54.pdf

一覧へ