情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

マイファーム、不正アクセス受け個人情報250名分が流出

農業関連の事業を行うマイファーム(京都オフィス:京都市下京区)は6月17日、同社が使用する個人パソコンが不正アクセスを受け、個人情報が流出したと発表した。同社によると、6月17日、不正アクセスを受けていたことと、内部保存していた情報が流出したことが判明した。流出したのは、取引先担当者約250名の氏名、会社情報、メールアドレス。当該パソコンはネットワークから隔離し、二次被害の拡大を防止する措置をとった。ウイルス感染などの可能性も含め、調査を継続しているという。情報流出による被害の連絡は入っていない。同社は、従業員に個人情報取り扱いに関する教育を徹底するとともに、システムとして防止策を講じて再発防止に取り組んでいくとしている。
・パソコンの不正アクセスによる情報流出に関するお詫びとお知らせ[PDF](マイファーム)
http://myfarm.co.jp/wp-content/uploads/2015/06/791a4e78ee841ee1720c9e631fef2e0c.pdf

一覧へ