情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

岐阜県立高校、出席簿1学級分を紛失

岐阜県は6月13日、県立武義高校(同県美濃市)が、2年生1学級29名分の情報が含まれる出席簿を紛失したと発表した。県によると、当該クラスの担任教諭が6月9日朝、始業前の確認の際に、教室に置いていた出席簿の所在が分からなくなっていることに気付いた。教諭は翌10日に紛失を管理職へ報告。職員で校内や周辺を捜索したが見つからず、11日に関警察署美濃交番へ遺失物届を提出した。出席簿には生徒の氏名、出欠状況、遅刻や早退の回数などが記載されている。11日までに該当の生徒と保護者に謝罪と説明を行い、12日に全保護者へ謝罪と今後の対応についての文書を配布した。個人情報の流出は確認されていない。県では再発防止のため、出席簿などの管理を徹底するよう全県立学校に通知した。個人情報の管理状況について実地検査も行う。また、関係職員に対する処分を検討するという。
・生徒の個人情報が記載された文書の紛失について[PDF](岐阜県)
http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/sonota/kyoiku-somu/mugi.data/mugi.pdf

一覧へ