情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

日本郵政、サービス登録者の情報7500件を誤送信

日本郵政(本社:東京都千代田区)は6月10日、「建設工事発注情報メールサービス」登録者の情報約7500件をメールで誤送信したと発表した。同社によると、誤送信は6月8日に不動産部門施設部で発生。同サービス登録者の情報約7500件が含まれるデータファイルを、登録者7500者に誤送信した。データに含まれていた情報は、登録者名、メールアドレス、電話番号、住所。誤送信先には、メール送信の2時間後に情報の削除を依頼した。同社は、情報の管理を強化し、再発防止に努めていくとしている。この問題をめぐっては総務省が同日、同社に対し、二次被害を防止するための適切な対応をとり、再発防止策を講じて報告するよう要請している。
・建設工事情報発注メールサービス登録者情報の誤送信について(日本郵政)
http://www.japanpost.jp/information/2015/20150610110867.html
・日本郵政株式会社の情報漏えい問題への対応(総務省)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu13_02000028.html

一覧へ