情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

済生会御所病院、患者7749名の情報含むハードディスク紛失

済生会御所病院(奈良県御所市)は6月6日、2000年から2015年2月までにリハビリテーションを受けた患者7749名の個人情報が保存された、ポータブルハードディスク(HDD)を紛失したと発表した。同病院によると、紛失が発覚したのは5月21日。HDDはバックアップに使用していたもので、患者の氏名、患者番号、年齢、性別、病名、手術日、退院日、日常生活行動レベルが保存されている。対象の患者には報告と謝罪の文書を送付する。情報の不正流出等の事実は確認されていない。同病院は再発防止のため、全職員に対し個人情報の適正な取り扱いについての指導を徹底するとしている。
・当院における個人情報を含むハードディスク紛失に関するお詫びとお知らせ[PDF](済生会御所病院)
http://www.saiseikai-gose.jp/information/topics/image/pdf/hunshitsu.pdf

一覧へ