情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

スカルクイック大阪店、誤配信のお詫びをTO送信し顧客のメルアド116件流出

ヘッドスパ専門店のスカルクイックを運営するノースブレイン(本社:札幌市中央区)は6月4日、スカルクイック大阪店が顧客116名にメールをTOで送り、メールアドレスが流出したことを発表した。ノースブレインによると、同店は6月3日、特定の顧客に来店お礼のメールを送ろうとして、誤って116名に配信。この誤送信について当該116名に謝罪のメールを送る際、BCCで送るべきところをTOで送った。同社は再発防止のため、個人情報を含む重要なメールや複数先宛へのメール送信時の作業手順を見直し、全従業員に周知徹底するとしている。また、管理体制の見直しと、従業員への個人情報保護教育も徹底するという。
・お客様のメールアドレス誤送信について【お詫びとご報告】[PDF](ノースブレイン)
http://www.northbrain.jp/20150604info.pdf

一覧へ