情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

国民年金基金連合会、確定拠出年金の個人情報含むDVD1枚を紛失

年金基金の共同事務処理事業などを行う国民年金基金連合会(東京都港区)は5月29日、金融機関から送付された個人情報を含むDVD1枚を同連合会内で紛失したと発表した。発表によると、当該DVDには確定拠出年金の拠出金引き落とし結果情報が190件収録されていた。情報内容は、口座名義(個人または事業所)、口座番号、口座引き落とし金額など。これらのデータは金融機関等で利用されている暗号化方式により暗号化されているため、万が一外部に流出した場合にも中のデータを見ることは困難という。これまでのところ、当該情報が不正に利用されたとの連絡や問合せは寄せられていない。同連合会は該当顧客に対し、個別に事情説明とお詫びの連絡をする。また、情報管理を強化・徹底し、再発防止に努めていくとしている。
・個人情報等のデータ紛失について[PDF](国民年金基金連合会)
http://www.npfa.or.jp/401K/news/pdf/kojinjouhou.pdf

一覧へ