情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

仙台うみの杜水族館、システム不具合で顧客135名の個人情報が閲覧可能に

仙台うみの杜水族館(7月1日オープン予定、仙台市宮城野区)の運営主体である横浜八景島(横浜市金沢区)と、同館の公式ホームページでチケット販売のシステムを運営・管理しているグッドフェローズ(本社:東京都武蔵野市)は5月19日、16日午前0時から開始した「プレミアムプレビュー付き年間パスポート」の販売において、アクセス集中によりシステムが正常に稼働しなくなった結果、購入手続きを行った顧客の個人情報が他の顧客から閲覧可能になっていたと発表した。最大で135名の氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレス、顔写真が、他の顧客が購入手続きを行う過程や購入履歴を閲覧した際に表示される状態になっていた。顧客から指摘があり、午前3時26分に販売システムを中止し、4時に購入履歴の閲覧も停止した。監督官庁に報告済み。該当の135名と、販売休止までに情報を入力した顧客には個別に案内を行う。原因を究明し、再発防止策を講じた上で、販売を再開するという。
・仙台うみの杜水族館「プレミアムプレビュー付き年間パスポート」お客さまの個人情報の漏えいに関するお詫びとお知らせ[PDF](横浜八景島)
http://www.uminomori.jp/common/data/apology.pdf
・仙台うみの杜水族館「プレミアムプレビュー付き年間パスポート」お客さまの個人情報の漏えいに関するお詫びとお知らせ[PDF](グッドフェローズ)
http://goodf.co.jp/important/2015/goodfellows20150519.pdf

一覧へ