情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京都教育庁、人事部選考課職員がメールをTOで送りメルアド35名分が流出

東京都教育庁は5月15日、職員がメールの宛先欄を誤り、35名分のメールアドレスが流出したと発表した。発表によると、人事部選考課の事務担当者が5月14日午後1時28分に、2015年度東京都公立学校教員採用候補者選考(2016年度採用)で、障害に配慮した選考を電子申請の方法により申し込んだ35名に対し、アンケートをメールで送信した。その際、全員のメールアドレスをBCC欄ではなく宛先欄に入力し、一斉送信してしまった。同日午後7時8分、および翌15日午前0時43分に、それぞれ別の申込者から流出を指摘するメールが同課に送信されていたことが、15日午前10時30分に判明し、事故が発覚した。現在のところ、二次被害等の報告は受けていない。同課は15日午前11時35分、該当する35名全員にメールにて謝罪を行うとともに送信メールの削除を依頼した。同庁は今後、都民などに対しメールによる情報提供を行う際には、複数の担当者により送信先および添付ファイル等について確認することを、職員に対して徹底するとしている。
・個人情報(メールアドレス)の流出について(東京都教育庁)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/05/20p5i100.htm

一覧へ