情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

横浜市水道局、委託事業者が顧客情報含む伝票306枚を一時紛失

横浜市水道局、委横浜市水道局は、水道メーター取替業務を委託している大橋水道設備(同市保土ヶ谷区)が、顧客情報が記載された水道メーター取替伝票を一時紛失していたと発表した。発表によると、一時所在が分からなくなっていたのは旭区内の顧客の伝票306枚で、氏名と住所が記載されている。同事業者が4月28日に水道局に伝票を提出したが、不備があったため同局は訂正を指示してこれを返却。同30日、同局から事業所への経路で伝票を紛失した可能性があると事業者から連絡があった。捜索を行ったが見つからなかったため、同局では5月1日に紛失を公表したが、翌2日、事業者が移動に使用した車内のシートと荷台の隙間から、伝票の入ったファイルが見つかったことを発表した。同局は、個人情報を取り扱う事業者および職員に注意喚起を行い、個人情報の適切な取扱いについて徹底するとしている。・水道メーター取替業務における個人情報を含む書類の紛失について(続報)(横浜市水道局)託事業者が顧客情報含む伝票306枚を一時紛失
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/press/press-20150502.html
・水道メーター取替業務における個人情報を含む書類の紛失について(横浜市水道局)
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/press/press-20150501.html

一覧へ