情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大和郡山市、イベント案内メールをCCで送りメールアドレス350件流出

大和郡山市は4月27日、市地域振興課内の全国金魚すくい競技連盟事務局がメールをCCで送り、メールアドレス350件が流出したと発表した。発表によると、4月27日午前9時45分頃、昨年度の全国金魚すくい選手権大会参加者に今年度大会の参加案内を送信した際、対象者699名中350名に対し、BCCで送るべきところをCCで送信。これにより、送信先全員のメールアドレスが見える状態となった。該当者にはメールで事態の報告と謝罪を行い、当該メールの削除を依頼した。市は、個人情報の取扱いに注意をはらい、管理体制を強化することで再発防止に努めていくとしている。また今後、複数人あてのメールを送る際は、BCCでの送信を徹底するため、複数の職員でチェックしてから送信するという。
・メールアドレス流出についてのお詫びとお知らせ(全国金魚すくい競技連盟事務局)(大和郡山市)
http://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/kankou/event/kchamp/003898.html

一覧へ