情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

総務省統計局、メールを担当者以外に誤送信

総務省は4月22日、統計局統計調査部消費統計課において、都道府県の事務担当者へメールを送信した際、担当者以外の人のメールアドレスにも誤って送信したと発表した。同省によると、4月16日午前10時26分、都道府県の家計調査事務担当者に事務上の連絡のためのメールを送ろうとして、誤送信した。他の送信先にもメールアドレスが見られる状態となっていたため、謝罪して経緯を伝え、当該メールの削除を依頼したという。同省は再発防止のため、送信前に文書送信者以外の職員が宛先を再度確認することを徹底し、厳重かつ適正な管理に努めていくとしている。
・電子メールの誤送信(総務省)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei07_01000084.html

一覧へ