情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京大学、大学院情報理工学系の学生136名の情報がネットで閲覧可能に

東京大学は4月21日、大学院情報理工学系研究科の教員が担当した科目の成績評価資料が、ネット上で外部から閲覧可能になっていたと発表した。同大学によると、当該教員は4月6日から研究室のローカルサーバーのシステム変更を行ったが、その際の誤操作が原因となった。学生136名の氏名、学籍番号とそのうち70名の成績が、講義の受講者だけが知るURLをたどることで閲覧が可能になっていた。13日朝に学生からの通報を受け、直ちにデータの削除を行うとともに、同日、Googleのキャッシュの削除も完了したという。該当の学生には文書で報告し謝罪した。情報の不正使用などの事実は確認されていない。同大学は、個人情報および職務上守秘、保護すべき情報の取扱いについて周知徹底するなどして、再発防止に努めるとしている。
・成績評価に係る資料が外部から閲覧可能となった件について[PDF](東京大学大学院情報理工学系研究科)
http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400030650.pdf

一覧へ