情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

エス・エム・エスキャリア、個人情報最大500件含むノートパソコン紛失

人材派遣業のエス・エム・エスキャリア(本社:東京都港区)は4月20日、人材バンク登録者などの個人情報が含まれたノートパソコンを紛失したと発表した。同社によると、3日、同社従業員が都内で移動中に紛失した。パソコンには、同社のサービス「ナース人材バンク」に登録している求職者や取引先企業とやりとりしたメールが保存されており、最大で約500件の個人情報が含まれている。パソコンのログイン時にはパスワード入力が必要で、第三者への情報漏えいおよび不正使用などの事実は確認されていない。紛失発覚後、同社では当該ノートパソコンから社内サーバーへのアクセスを禁止する措置をとったほか、関係各所からの情報収集をすすめているという。同社は、社内管理体制の強化および教育を実施し、再発防止に努めていくとしている。
・個人情報を含むノートパソコンの紛失に係わるお詫びとご報告[PDF](エス・エム・エスキャリア)
http://www.sms-c.co.jp/wp-content/themes/smsc/file/20150420.pdf

一覧へ