情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

トランスコスモスとロート製薬、株主用サービスから株主情報漏えい

既報通り、インベスター・ネットワークス(本社:東京都港区)が運営する「株主ポイント倶楽部」からの情報漏えい問題をめぐって、複数企業が公式発表を行っている。サービス業のトランスコスモス(本社:東京都渋谷区)は4月8日、「トランスコスモス株主ポイント倶楽部」の会員846名の情報が漏えいした可能性があると発表した。ロート製薬(本社:大阪市生野区)も9日、「株主倶楽部」に登録している株主338名の株主番号、氏名、住所、性別、生年月日、メールアドレス、電話番号が漏えいした可能性があると発表した。インベスター・ネットワークスおよびロート製薬によると、メールや電話で投資の勧誘を受けた株主もいる。
・インベスター・ネットワークス社による弊社株主様の個人情報の漏えいについて[PDF](トランスコスモス)
http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/pdf/2015/150408.pdf
・「株主倶楽部」個人情報データ漏えいの疑いについて(ロート製薬)
http://www.rohto.co.jp/news/release/2015/0409_02/

一覧へ