情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

サンリオ株主の情報が漏えい、インベスター・ネットワークス運営のサービスから

株主優待サービスのシステム「株主ポイント倶楽部」を企業に提供し、運営管理を行っているインベスター・ネットワークス(以下INV社、本社:東京都港区)と、同サービスを使った「サンリオ株主ポイント倶楽部」を開設しているサンリオ(本社:東京都品川区)は4月8日、サンリオの株主の個人情報が、同サービスから漏えいした可能性があると発表した。サンリオに7日、同倶楽部にしか登録していないメールアドレスに投資勧誘メールが届いたと株主から連絡があったことから事態が判明した。6249名の株主番号、氏名、住所、性別、生年月日、メールアドレス、電話番号が漏えいした可能性がある。パスワードは暗号化しているので漏えいの可能性はないという。INV社では警視庁に被害申告を提出し、外部会社も使って調査を進めている。
・「サンリオ株主ポイント倶楽部」個人情報データの漏えいについて(サンリオ)
http://www.sanrio.co.jp/information/20150408/
・「サンリオ株主ポイント倶楽部」個人情報データの漏えいの可能性に関する当社の対応について[PDF](インベスター・ネットワークス)
http://www.inv-net.co.jp/pdf/publicity/news/sr_release_20150408.pdf

一覧へ