情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

登米市、教員3名が車を荒らされ児童生徒の個人情報含む書類盗難

宮城県登米市は4月7日、教員3名が車を荒らされ、児童や生徒の個人情報が含まれる書類を盗まれたと発表した。発表によると、3日夜に市内の数か所で車上荒らしが発生。市が所管する学校の教員も2か所で3名が被害にあい、車内に置いてあった書類入りのバッグを盗まれた。8日付の河北新報によると、発生場所はどちらも市内の飲食店駐車場で、1件では小学校教諭2名(ともに50歳代女性)が担任児童計35名分の名簿を盗まれ、もう1件では中学校の講師(20歳代男性)が、担当する部活動の部員12名とコーチ4名の情報が含まれる書類を盗まれた。市教委では再発防止のため、個人情報の管理徹底について指導するとともに、研修会を実施するとしている。
・教職員の事故に係る市教育委員会教育長のコメント[PDF](登米市)
http://www.city.tome.miyagi.jp/pressrelease/documents/270407.pdf

一覧へ