情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京ガスエネルギー、顧客情報25件含む領収書綴りを紛失

東京ガスエネルギー(本社:東京都中央区)は4月6日、顧客情報が記載された領収書冊子等を紛失したと発表した。同社によると、同社西部支社の作業員が5日午前11時55分頃に杉並区の顧客宅でプロパンガス(LPG)の使用停止作業と料金精算を行い、午後0時30分頃に帰社後、領収書冊子等を入れていたクリアケースの紛失に気付いた。領収書冊子には、使用済み25枚、未使用5枚の領収書が綴られており、顧客25件の氏名、LPG使用量、領収金額、領収日等が含まれている。クリアケースには他に、未使用の「預り保証金返金用領収書」4枚も入っていた。同社では作業訪問先や事務所内、車両等を捜索したが発見には至らず、同日、杉並警察署に紛失の届出を行った。顧客情報が外部に流出し利用された事実は確認されていない。該当の顧客のうち、連絡先を把握している顧客については、説明と謝罪を行う。同社は、再発防止に努めていくとしている。
・お客さま情報が記載された「領収書(冊子)」等の紛失について[PDF](東京ガスエネルギー)
http://www.tgenergy.co.jp/important/docs/2015.4.6.pdf

一覧へ