情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

吹田市立中、美術科教諭が生徒計515人分の個人情報含むUSBメモリー紛失

大阪府吹田市教育委員会は4月6日、市立千里丘中学の美術科の教諭が、生徒515名分の個人情報を含むUSBメモリーを紛失したと発表した。報道によると、教諭は3月22日に職員室でメモリーを使用し、2日後の24日に紛失に気づいた。自宅には持ち帰っていないため、校内を中心に探したが見つかっていない。これまでのところ、悪用されたという報告はない。同市では昨年12月にも他の市立中学で教諭が生徒181名の氏名や成績などが含まれるUSBメモリーを紛失している。
・吹田市
http://www.city.suita.osaka.jp/home.html

一覧へ