情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東大大学院工学系研究科、教員が院生等の個人情報含むHDDを通勤電車内で紛失

東京大学大学院工学系研究科(東京都文京区)は3月31日、同科の教員が個人情報を含むハードディスク入りの鞄を紛失したと発表した。発表によると、教員は3月25日、通勤電車の中で鞄を紛失した。鞄に入っていたハードディスクには、教員が所属する研究室の15名の氏名、住所、電話番号、緊急連絡先等を記したファイルと、教員が担当した一授業科目に属する38名の大学院生の履修状況が保存されていた。同科は該当者に対し、文書でお詫びと報告をし、関連して被害が発生した場合には同科事務部に連絡するよう案内した。現時点では、個人情報の不正使用などの事実は確認されていない。同科は今後、記憶媒体の管理、個人情報および職務上守秘・保護すべき情報の管理にかかわる注意を、同科の全構成員に対して改めて周知徹底し、再発防止に努める。また、同大の情報セキュリティ担当理事は、同大の教職員に対し、個人情報の適切な取り扱いなどについて周知徹底し、必要な対策を講じて再発防止に取り組むとしている。
・ハードディスクの紛失について(東京大学)
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_270331_02_j.html

一覧へ