情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

三田市、「放課後児童クラブ」嘱託職員が児童14人分の個人情報記載書類を紛失

兵庫県三田市は3月23日、「放課後児童クラブ」の嘱託職員が児童14人分の個人情報が記載された書類を紛失したと発表した。報道によると、職員は20日、個人情報が記載された児童クラブの入所申請書類を、名簿作成などのために自宅に持ち帰った。21日夜に作業を終え、書類を鞄に入れて自宅1階に置いた。22日朝になって鞄がなくなっていることに気付いた。書類には、2015年度に市立小学校の1~4年生になる14人分の個人情報が記載されていた。自宅近くで空き巣被害があったため、鞄も盗難の恐れがあるとして警察署に被害を届け出た。職員から紛失の連絡を受けた市は、23日から該当する児童の自宅を訪問し、保護者に謝罪している。市は個人情報を記載した書類を自宅へ持ち帰ることは個人情報保護の方針から逸脱した行為であるとして、今後は注意を徹底していくとしている。
・三田市
http://www.city.sanda.lg.jp/s

一覧へ