情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

トランスコスモス、元契約社員がベネッセの顧客情報23名分を持ち出し

コールセンター業務などを請負うトランスコスモス(東京都渋谷区)は3月17日、同社の元契約社員が、同社に業務を委託していたベネッセコーポレーション(以下、ベネッセ)の顧客情報を持ち出していたと発表した。発表によると、元契約社員は2014年2月から同社に勤務しており、今年1月28日付けで懲戒解雇となった。今年1月下旬、別件で逮捕されていた元契約社員のスマートフォンから、ベネッセの顧客情報と思われる記録が見つかったと、警察から連絡があった。同社はベネッセよりカスタマーサポート業務を委託されており、元契約社員はそのコールセンター業務を担当していた。ベネッセが元契約社員の情報閲覧の記録を調査した結果、持ち出された顧客情報の一部を業務の際に閲覧していたことがわかった。元契約社員は、2014年3月頃から2014年8月頃にかけ、閲覧した顧客情報23名分を紙に書き写して持ち出し、自身のスマートフォンに登録していた。23名分の顧客情報の内容は苗字と電話番号で、一部は名前、住所、生年月日、所属先も含まれる。口座番号等の決済情報は含まれていない。これらの情報を書き写した紙、記録されたスマートフォンは警察に押収されており、現時点では第三者に渡った事実はなく、情報の拡散は確認されていない。該当顧客に対しては、同社とベネッセが連携し、お詫びと説明をしている。同社は、契約社員を含む全社員を対象とした個人情報保護基礎教育を強化する。既存業務においても、全社の情報管理状況の監査を行い、監視カメラ増強やペーパーレス推進などの対策を進めていくとしている。
・弊社元契約社員による、お客様企業の顧客情報持ち出しについて[PDF](トランスコスモス)
http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/pdf/2015/150317.pdf
・トランスコスモス元契約社員による弊社お客様情報の不正持ち出しについて[PDF](ベネッセコーポレーション)
http://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/m/2015/03/17/docs/20150317release.pdf

一覧へ