情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

トヨタ生活協同組合、顧客情報3064件含む検針端末機紛失

トヨタ生活協同組合(愛知県豊田市)は3月13日、灯油配達およびプロパンガスを利用している顧客の情報が記録された検針端末機を紛失したと発表した。同組合によると、3月6日午前10時45分頃、灯油配達中に給油をしようとした担当員が、端末機の紛失に気付いた。直ちに警察に紛失の届出をして、近隣や配達ルートを確認したが、発見には至っていない。端末には、契約者の氏名、住所、電話番号が3064件記録されている。紛失した情報の不正使用等の事実は確認されていない。同組合は、使用中の検針端末機から顧客が特定できる個人情報を削除するとともに、個人情報の取り扱いについて意識向上を図り、再発防止に努めるとしている。
・[お詫び]お客様情報が記録された検針端末機の紛失について(トヨタ生活協同組合)
http://www.meglia-net.jp/oshirase/150311/info_150311.html

一覧へ