情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

三島市、水道業務委託事業者が個人情報1件含む「検針保留調査票」紛失

三島市の上下水道部は3月6日、水道業務を委託している事業者が検針保留調査業務の際に「検針保留調査票」を1名分紛失したと発表した。発表によると、調査票には、顧客の給水場所、給水先名、電話番号、使用水量、上水道料金、 下水道使用料が記載されていた。紛失が判明したのは2月23日で、これまでのところ紛失した顧客情報の流出による被害は確認されていない。市は該当顧客に対しお詫びと説明をし、了承を得た。市は、これまでも水道業務委託事業者に対し、個人情報取り扱いに関する指導を行ってきたが、再発防止のため、顧客情報の管理方法を改善し、情報管理をより慎重に取り扱うよう指導を徹底した。今後も引き続き慎重な取り扱いをするように努めていくとしている。
・水道メータの検針保留調査票の紛失について(お詫び)(三島市)
http://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn019479.html

一覧へ