情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

リリオセントラルフィットネスクラブ、委託先が顧客93名の情報含むUSBメモリー紛失

リリオセントラルフィットネスクラブ(東京都葛飾区)を運営する岡田興業(東京都足立区)は2月21日、顧客93名のデータが入ったUSBメモリーを業務委託先が紛失したと発表した。同社によると、体力測定データベース構築を委託している会社の社員が、2月11日午後11時頃、メモリーの入った鞄を電車内に置き忘れ、紛失した。遺失物センターへ届け出て、警察にも遺失物届を提出したが、発見には至っていない。メモリーには、2013年7月から2014年3月に同フィットネスクラブが主催する「大人の体育時間」運動教室に参加した93名の氏名、年齢、性別、電話番号と、うち63名分の体力測定データおよび、40名分の住所が保存されている。データが記載されたエクセルファイルにはパスワードが設定してあるという。該当の顧客には個別に説明と謝罪を行っている。同社は、社内、社外含め情報管理体制の強化を徹底するとしている。
・個人情報の紛失に関するお詫びとお知らせ(岡田興業)
http://www.liriocentral.co.jp/news2/news_i63_u1.htm

一覧へ